花火大会の歴史HISTORY

現在の「みなとこうべ海上花火大会」は昭和46年に造成中のポートアイランドでケーソンヤードとして使われていたコンテナバースで打ち上げたのが始まりです。神戸港での花火大会のルーツは更に古く、最初は1933年(昭和8年)11月7日の午後6時から第1回「みなとの祭」のイベント「神戸ナイト」として、中突堤付近の海上か ら打ち上げたのが最初です。観覧場所は中突堤、税関第1突堤、高浜岸壁、税関川崎波止場、萬國波止場の5ヶ所でした。翌年は11月7日に中突堤付近の海上から花火を打ち上げた他、6~8日の3日間にわたって毎夜、大倉山公園でも花火を打ち上げました。1935年(昭和10年)11月6日から8日に行われた第3回「みなとの祭」では、中突堤先端、兵庫突堤、大倉山、東遊園地、報徳商業学校校庭、須磨区役所裏の6ヶ所から花火を打ち上げました。1936年(昭和11年) から戦時色が濃くなり、まつりは神事だけとなりました。終戦後の1948年(昭和23年)の第16回「みなとの祭」で花火を再開しましたが、1960年(昭和35年)を最後に神戸港への入港船の増加により港内での花火大会は中止されました。

この花火とは別に1951年(昭和26年)7月20日の第11回「海の記念日」に神戸国際観光協会と神戸新聞社が主催する第1回「海の記念日花火大会」が須磨浦海浜公園で始まります。昼花火130発、夜300発と仕掛け花火が行われました。その後主催者は、神戸海事広報協会と神戸新聞社になりましたが、1969年(昭和44年)7月20日の第29回「海の記念日」の花火大会で、打ち上げ場所の防波堤が満潮時に海水に洗われて花火の爆発事故が起こったため、須磨海岸では打ち上げられなくなり、翌年の第30回「海の記念日」の花火大会は、神戸市港湾局がポートターミナルの活性化を図るため、造成中のポートアイランドに誘致しました。

さらに翌1971年(昭和46年)7月20日の第31回「海の記念日」花火大会には、神戸市港湾局が主催者として参画することになり、この年が第1回「みなとこうべ海 上花火大会」になりました。当初は400発から 700発程度でしたが、打ち上げ場所をメリケンパーク沖に変更した1987年(昭和62年) には2,000発台に増やし、2001年(平成13年)に3,700発、翌2002年(平成14年)に4,000発、2004年(平成16年)に5,000発、そして、2009年(平成21年)以降は尺玉も入れて1万発以上の兵庫県下最大規模の花火大会となっていましたが、昨年は神戸開港150年を記念して、15,000発とし、関西最大規模の花火大会となりました。引き続き今年は兵庫県政150周年を記念して、15,000発を打ち上げます。